私が一人暮らしをするために、家を出た時の事です。一人暮らしって結構お金もかかると聞くので、姉に少しでいいならお金を貸してほしいとお願いしたのです。でもそれはダメと言われました。はっきりと断れたのです。
するとその日の朝、姉が出勤する前に私に封筒を渡しました。離れて暮らす私への手紙が入っていたのです。そこにはこれからは簡単に、お金を貸してと言ってはいけないと書いてあったのです。本当に借りていいのか、自分で考えて結果を出してから借りないといけないと書いてありました。
そして一万円札が入っていたのです。これが姉の気持ちだったのです。忠告とちょっとした気持ちでした。この気持が、私にはとても嬉しくて感動したのです。

関連記事

    None Found